1、旅立ちの日
2、蜂鳥
3、クリフローズ通信をお届けします
4、ヘンケルの牛刀
5、新春笑い話をお届けしましょう
6、出版のごあいさつ
7、I got landed immigrant status
8、小さな総括
9、裏の庭でつくしを見つけました
10、April 4 '00: イリーナの話
11、July '00: Vancouver便り
12、Oct. 29 '00: 酔歌祭のこと
13、Nov. 26 '00: 藤村の根無し草四つの巻の序
14、Sep.16 '00: I got new boyfriend.
15、Mar. 15 '01: 素晴らしい春の始まり
16、Oct. 11 '01: 酔歌祭
17、アドレス変更のお願い
18、Dec. 22 '01: 酔歌祭の御礼
19、Jan. '02: A Happy New Year to Everybody.
20、Mar. 20 '02: 息子たちへ
21、今旅立とうとしている母へ
22、「すばるのかなた」ご出版に寄せて
23、柳谷千恵子油彩小品展のお知らせ
24、柳谷千恵子油彩小品展の御礼
25、Cliffrose Letter Jan. 1.2003 :あけましておめでとうございます
26 Cliffrose Letter March 13 2003 停電 in Canada
27 Cliffrose Letter Nov.19.'03 息子の来加
28、Cliffrose Letter Dec.28 '03 眠れない夜は・・・。
29Cliffrose Letter Oct.6.2004 食い物の話
30..Cliffrose Letter Oct.25 2004  個展のご案内
31.Cliffrose Letter Dec.30. 2004 昨日はどこにもありません。
32.独り女の独り言
33.死生観
34.数々の出会い
35.Feel Guilty
36.旅立つ親友太田則子へ送る言葉
37.映画の話
38.狭い地球
39.英語でのコミュニケーション 将城
40.モーツアルトとサリエリとChieko
41.商売と信頼関係 将城
42.VOL.36 Cliffrose Letter Dec.30.'05 平穏・平凡・平和
43.Cliffrose Letter vol. 37 - 年賀状とクリスマスカード

44.Mr.Revenko& Mr.Ohyama  

45.Cliffrose Letter vol. 38 ‐ 謙譲の美徳と外国人
46.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 春のお知らせ
47.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 花のお知らせ
48.Vol40 Cliffrose Letter Apr.22.'06 イゴール氏と大山氏
49.Mr.Ohyama's Mail
50.Vol.41on Jun 25, 2006 - 住みやすいのはドッチ?日本vsカナダ
51.Vol.42 「崖の薔薇」と町名変更訴訟雑感
52.Vol.43  クリスマスって何の日?
53.Vol.44  Cosmopolitan  コスモポリタン
54.Vol.45 遅い夏の訪れ
55.Vol.46 バンクーバー外食事情
56.Vol.47大根おろしと「ちりとてちん」
57.Vol.48 あけましておめでとうございます
58.Vol.49カナダ人の日本語理解度
59.Cliffrose Letter Vol.48 あけましておめでとうございます
60Cliffrose Letter Vol.50 2008.Apr. 世代交代のとき?
61CliffroseLetter Vol.52 29.Aug.:2008 一粒のトマトの種もし死なずば・・
62CliffroseLetter Vol.53 29.Aug.:2008 匂いの野菜
63.CliffroseLetter Vol.54 5.Oct.2008 フランス生まれのトマトその後
64.CliffroseLetterVol.55 ナイアガラとアメリカ
65.CliffroseLetterVol.56 リサイクルin Canada
66.CliffroseLetterVol.57 新年のご挨拶
67.CliffroseLetterVol.55 往く年来る年

Cliffrose Letter Vol.61 チビた鉛筆と蕗の薹 

 

 皆様 お元気でいらっしゃいますか。


バンクーバーの雪もやっとなくなってここ数日は春のような暖かさです。光に

誘われて、すでに森の木々には地味な花ですが、そっと 咲き始めています。


そして待ちに待った蕗の薹。南に面した庭に移植した分がかなり大きくなり

咲かんばかりになっているのを見つけました。北側はさすがに雪の下が

長かったので未だ赤い芽吹きばかり。しかし、それもまもなくのことでしょう。

さて蕗の薹で何をしましょうか。てんぷら、味噌汁の実、蕗の薹味噌、沢山

作っておいでになられるお客様をお迎えいたしましょう。


先日息子が帰国して、柚子を持ち帰りました。高知の山里から送っていただいた

ものです。時期が遅いので心配していましたがとても立派で新鮮なものでした。

高知から大阪、そして太平洋を渡りカナダはバンクーバーです。勿論、さっそく

柚子味噌を作り、生徒の皆さんにサラダのドレッシング代わりにお出ししました。

日本人でなくても、この匂いを喜ばない人はいませんね。それと大根の薄切りの

柚子酢和え。柚子の匂いは私たちに幸せを運んでくれます。


そして、三つ葉。前にも書きましたが、亡き母は香りの野菜が大好きでした。

三つ葉は茶碗蒸しには欠かせません。いずれ三つ葉だけですき焼きをするのが

私の理想なのですが、さていつになるでしょう。今年は大雪に見舞われたので、

すべては枯れたかとがっかりしていましたが、今日小さな芽吹きを沢山発見いた

しました。太陽の力を感じました。命は消えていなかったのですね。さあ、今年も

オーガニックで野菜つくりがんばろうと思えた朝でした。


そして、チビた鉛筆。移住して11年。その間に使い続けた鉛筆たちの結果がこれです。

昔からペンシルデッサンが大好きで、ここにもカナダのやわらかい鉛筆はあるのですが、

やはり8BはUNIですね。私のこだわりです。何でも捨てられない私のことを知っていて

息子は100円ショップでホルダーを買ってきてくれました。ありがとう、鉛筆たち。削れる

限り、芯がある限り、ともに生きようね。


お読みいただいてありがとうございました。


柳谷Chieko拝


""""""""""""""""""""""""""""""""""""""      
Love from Chieko Yanagitani in Greater Vancouver
URL http//: www.cyanagitani.com
URL http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm
E-Mail cyanagitani@shaw.ca
MSN cyanagitani@hotmail.com
skype yanagitani
mixi cliffrose