1、旅立ちの日
2、蜂鳥
3、クリフローズ通信をお届けします
4、ヘンケルの牛刀
5、新春笑い話をお届けしましょう
6、出版のごあいさつ
7、I got landed immigrant status
8、小さな総括
9、裏の庭でつくしを見つけました
10、April 4 '00: イリーナの話
11、July '00: Vancouver便り
12、Oct. 29 '00: 酔歌祭のこと
13、Nov. 26 '00: 藤村の根無し草四つの巻の序
14、Sep.16 '00: I got new boyfriend.
15、Mar. 15 '01: 素晴らしい春の始まり
16、Oct. 11 '01: 酔歌祭
17、アドレス変更のお願い
18、Dec. 22 '01: 酔歌祭の御礼
19、Jan. '02: A Happy New Year to Everybody.
20、Mar. 20 '02: 息子たちへ
21、今旅立とうとしている母へ
22、「すばるのかなた」ご出版に寄せて
23、柳谷千恵子油彩小品展のお知らせ
24、柳谷千恵子油彩小品展の御礼
25、Cliffrose Letter Jan. 1.2003 :あけましておめでとうございます
26 Cliffrose Letter March 13 2003 停電 in Canada
27 Cliffrose Letter Nov.19.'03 息子の来加
28、Cliffrose Letter Dec.28 '03 眠れない夜は・・・。
29Cliffrose Letter Oct.6.2004 食い物の話
30..Cliffrose Letter Oct.25 2004  個展のご案内
31.Cliffrose Letter Dec.30. 2004 昨日はどこにもありません。
32.独り女の独り言
33.死生観
34.数々の出会い
35.Feel Guilty
36.旅立つ親友太田則子へ送る言葉
37.映画の話
38.狭い地球
39.英語でのコミュニケーション 将城
40.モーツアルトとサリエリとChieko
41.商売と信頼関係 将城
42.VOL.36 Cliffrose Letter Dec.30.'05 平穏・平凡・平和
43.Cliffrose Letter vol. 37 - 年賀状とクリスマスカード

44.Mr.Revenko& Mr.Ohyama  

45.Cliffrose Letter vol. 38 ‐ 謙譲の美徳と外国人
46.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 春のお知らせ
47.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 花のお知らせ
48.Vol40 Cliffrose Letter Apr.22.'06 イゴール氏と大山氏
49.Mr.Ohyama's Mail
50.Vol.41on Jun 25, 2006 - 住みやすいのはドッチ?日本vsカナダ
51.Vol.42 「崖の薔薇」と町名変更訴訟雑感
52.Vol.43  クリスマスって何の日?
53.Vol.44  Cosmopolitan  コスモポリタン
54.Vol.45 遅い夏の訪れ
55.Vol.46 バンクーバー外食事情
56.Vol.47大根おろしと「ちりとてちん」
57.Vol.48 あけましておめでとうございます
58.Vol.49カナダ人の日本語理解度
59.Cliffrose Letter Vol.48 あけましておめでとうございます
60Cliffrose Letter Vol.50 2008.Apr. 世代交代のとき?
61CliffroseLetter Vol.52 29.Aug.:2008 一粒のトマトの種もし死なずば・・
62CliffroseLetter Vol.53 29.Aug.:2008 匂いの野菜
63.CliffroseLetter Vol.54 5.Oct.2008 フランス生まれのトマトその後
64.CliffroseLetterVol.55 ナイアガラとアメリカ
65.CliffroseLetterVol.56 リサイクルin Canada
66.CliffroseLetterVol.57 新年のご挨拶
67.CliffroseLetterVol.55 往く年来る年

Cliffrose Letter Vol.62カナダ産の新生姜 

  

皆様お元気でいらっしゃいますか。久しぶりのCliffrose駄文で

ございます。この夏は新インフルエンザの影響で、リピーターの

かたがた以外でのお客様は少なく、暇しておりましたので、春からの

続きで、もっぱら農婦をいたしておりました。

最近、朝夕はめっきり涼しくなり、野菜たちにも厳しい季節がやって

まいりました。

その中でもひとつ、うれしいヤングジンジャーに関するご報告です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      カナダ産の新生姜


ハワイ産の高価な生姜を買い求めて、紅生姜を作るのが、Cliffroseの

毎年のならいである。今年もすでに四キロは漬けた。赤紫蘇は自前、

梅酢はホワイトロックの近くの安西ナーサリーから分けてもらった。

生姜だけがハワイ産である。


カナダはハワイほどの気温が無いので、とても育つまいと思いつつ、

初夏に生姜を植えてみた。朝夕急速に寒くなってきたので、今日、

一株ひいてみた。それが写真のかわいいヤングジンジャーである。

生意気にも株分かれまでしていて、来年への希望を思わせる。


逝ってしまった母は、熱々のご飯に、新生姜を醤油に浸して

食べるのが常であった。この若い生姜の事を、確か「はじかみ」

といった。誰もが貧しい時代、母は匂いの野菜とともに思い出される。


はじかみ、柚子、紫蘇、唐辛子、紅生姜、山椒、茗荷、カナダに

いて、このすべてにこだわる私の中にも、匂いのものを好む母と

同じDNAが引き継がれているのであろうか。


来年こそは、カナダ産の新生姜を育てたいものである。


写真のうち大きいものはハワイ産です。

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
Love from Chieko Yanagitani in Greater Vancouver
E-mail cyanagitani@shaw.ca
msn cyanagitani@hotmail.com
URL  http://www.cyanagitani.com
URL   http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm
Skype  yanagitani
mixi   cliffrose