Cliffrose Letter vol. 65 年末のご挨拶 デフレ雑感

1、旅立ちの日
2、蜂鳥
3、クリフローズ通信をお届けします
4、ヘンケルの牛刀
5、新春笑い話をお届けしましょう
6、出版のごあいさつ
7、I got landed immigrant status
8、小さな総括
9、裏の庭でつくしを見つけました
10、April 4 '00: イリーナの話
11、July '00: Vancouver便り
12、Oct. 29 '00: 酔歌祭のこと
13、Nov. 26 '00: 藤村の根無し草四つの巻の序
14、Sep.16 '00: I got new boyfriend.
15、Mar. 15 '01: 素晴らしい春の始まり
16、Oct. 11 '01: 酔歌祭
17、アドレス変更のお願い
18、Dec. 22 '01: 酔歌祭の御礼
19、Jan. '02: A Happy New Year to Everybody.
20、Mar. 20 '02: 息子たちへ
21、今旅立とうとしている母へ
22、「すばるのかなた」ご出版に寄せて
23、柳谷千恵子油彩小品展のお知らせ
24、柳谷千恵子油彩小品展の御礼
25、Cliffrose Letter Jan. 1.2003 :あけましておめでとうございます
26 Cliffrose Letter March 13 2003 停電 in Canada
27 Cliffrose Letter Nov.19.'03 息子の来加
28、Cliffrose Letter Dec.28 '03 眠れない夜は・・・。
29Cliffrose Letter Oct.6.2004 食い物の話
30..Cliffrose Letter Oct.25 2004  個展のご案内
31.Cliffrose Letter Dec.30. 2004 昨日はどこにもありません。
32.独り女の独り言
33.死生観
34.数々の出会い
35.Feel Guilty
36.旅立つ親友太田則子へ送る言葉
37.映画の話
38.狭い地球
39.英語でのコミュニケーション 将城
40.モーツアルトとサリエリとChieko
41.商売と信頼関係 将城
42.VOL.36 Cliffrose Letter Dec.30.'05 平穏・平凡・平和
43.Cliffrose Letter vol. 37 - 年賀状とクリスマスカード

44.Mr.Revenko& Mr.Ohyama  

45.Cliffrose Letter vol. 38 ‐ 謙譲の美徳と外国人
46.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 春のお知らせ
47.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 花のお知らせ
48.Vol40 Cliffrose Letter Apr.22.'06 イゴール氏と大山氏
49.Mr.Ohyama's Mail
50.Vol.41on Jun 25, 2006 - 住みやすいのはドッチ?日本vsカナダ
51.Vol.42 「崖の薔薇」と町名変更訴訟雑感
52.Vol.43  クリスマスって何の日?
53.Vol.44  Cosmopolitan  コスモポリタン
54.Vol.45 遅い夏の訪れ
55.Vol.46 バンクーバー外食事情
56.Vol.47大根おろしと「ちりとてちん」
57.Vol.48 あけましておめでとうございます
58.Vol.49カナダ人の日本語理解度
59.Cliffrose Letter Vol.48 あけましておめでとうございます
60Cliffrose Letter Vol.50 2008.Apr. 世代交代のとき?
61CliffroseLetter Vol.52 29.Aug.:2008 一粒のトマトの種もし死なずば・・
62CliffroseLetter Vol.53 29.Aug.:2008 匂いの野菜
63.CliffroseLetter Vol.54 5.Oct.2008 フランス生まれのトマトその後
64.CliffroseLetterVol.55 ナイアガラとアメリカ
65.CliffroseLetterVol.56 リサイクルin Canada
66.CliffroseLetterVol.57 新年のご挨拶
67.CliffroseLetterVol.55 往く年来る年
 
皆様ご無沙汰です。
日本は寒波が襲来して大変寒くなったと
聞いておりますが、如何お過ごしでしょうか。

ここカナダバンクーバーも、クリスマスが過ぎて、
ボクシングデー(歳末大安売りの日)も終わり、
少し一息ついたかなというところです。不景気の
せいか、人出が気持ち少なかったような気もしますが、それでも、
多くの人がバーゲンに繰り出していた
ようです。

不景気と言えば、日本は政府も公認するほどの
デフレであるといわれています、デフレといえば
物の値段が安くなるのですが、ひとつ興味深い
記事がありました。
宅配ピザは値段が高いと思う? 大規模3000人アンケート結果!
http://news.livedoor.com/article/detail/4524465/

記事内容は上記リンク先にありますが、半数近くの方が高すぎるとしてしました、
確か2000~3000円台のメニューが多かったと記憶していますが、
3〜4人で食べるとしても、他に飲み物などを注文すると
決して安くはないのかもしれません。

ましてデフレの折、牛丼300円に値下げがニュースとなる現在の日本においては、
とても安いとはいえないというのが一般の見方のなのでしょう、皆様は
如何お感じでしょうか。

ここカナダでは、どうかというと、一般に10ドル〜
20ドル(870~1740円)の間で売られていることが多いようです。
しかも日本のLサイズはこっちではMサイズとして売られていたりして、
随分デフレ感が味わえます(笑。

ところが牛丼一杯3ドルのお店はまずありません。日本食レストランで
最低6ドル以上は払わないとお目にかかることはできないでしょうか。

結局こちらでは、ピザなどのパン食需要が多い、
日本ではご飯食需要が多いというのがひとつ
大きな要因になっているのでしょうが。後乳製品
肉類の価格の差(カナダの方が安い)こともあるかもしれません。

牛丼値下げに一喜一憂する反面、宅配ピザのビジネスが
結構繁盛しているというのも、なんだか奇妙な
感じが致しました。

皆様もピザを食べて日加デフレ事情を実感しに
カナダに参りませんかとまた言ってみましたが。
来年が皆様にとり素晴しい御年でありますように。
来年もよろしくお願い致します。

注) このレターはクリフローズ亭または柳谷千恵子及び将城に
メールを下されました方、全てにお送りしております。配信停止を
ご希望の方は、その旨ご連絡ください。

"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
Masaki Yanagitani 柳谷 将城
CHI Enterprises Ltd. 代表 

自宅: 0041-1-604-945-5945

email: myanagi@shaw.ca
URL: http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm
http://www.cyanagitani.com
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""