1、旅立ちの日
2、蜂鳥
3、クリフローズ通信をお届けします
4、ヘンケルの牛刀
5、新春笑い話をお届けしましょう
6、出版のごあいさつ
7、I got landed immigrant status
8、小さな総括
9、裏の庭でつくしを見つけました
10、April 4 '00: イリーナの話
11、July '00: Vancouver便り
12、Oct. 29 '00: 酔歌祭のこと
13、Nov. 26 '00: 藤村の根無し草四つの巻の序
14、Sep.16 '00: I got new boyfriend.
15、Mar. 15 '01: 素晴らしい春の始まり
16、Oct. 11 '01: 酔歌祭
17、アドレス変更のお願い
18、Dec. 22 '01: 酔歌祭の御礼
19、Jan. '02: A Happy New Year to Everybody.
20、Mar. 20 '02: 息子たちへ
21、今旅立とうとしている母へ
22、「すばるのかなた」ご出版に寄せて
23、柳谷千恵子油彩小品展のお知らせ
24、柳谷千恵子油彩小品展の御礼
25、Cliffrose Letter Jan. 1.2003 :あけましておめでとうございます
26 Cliffrose Letter March 13 2003 停電 in Canada
27 Cliffrose Letter Nov.19.'03 息子の来加
28、Cliffrose Letter Dec.28 '03 眠れない夜は・・・。
29Cliffrose Letter Oct.6.2004 食い物の話
30..Cliffrose Letter Oct.25 2004  個展のご案内
31.Cliffrose Letter Dec.30. 2004 昨日はどこにもありません。
32.独り女の独り言
33.死生観
34.数々の出会い
35.Feel Guilty
36.旅立つ親友太田則子へ送る言葉
37.映画の話
38.狭い地球
39.英語でのコミュニケーション 将城
40.モーツアルトとサリエリとChieko
41.商売と信頼関係 将城
42.VOL.36 Cliffrose Letter Dec.30.'05 平穏・平凡・平和
43.Cliffrose Letter vol. 37 - 年賀状とクリスマスカード

44.Mr.Revenko& Mr.Ohyama  

45.Cliffrose Letter vol. 38 ‐ 謙譲の美徳と外国人
46.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 春のお知らせ
47.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 花のお知らせ
48.Vol40 Cliffrose Letter Apr.22.'06 イゴール氏と大山氏
49.Mr.Ohyama's Mail
50.Vol.41on Jun 25, 2006 - 住みやすいのはドッチ?日本vsカナダ
51.Vol.42 「崖の薔薇」と町名変更訴訟雑感
52.Vol.43  クリスマスって何の日?
53.Vol.44  Cosmopolitan  コスモポリタン
54.Vol.45 遅い夏の訪れ
55.Vol.46 バンクーバー外食事情
56.Vol.47大根おろしと「ちりとてちん」
57.Vol.48 あけましておめでとうございます
58.Vol.49カナダ人の日本語理解度
59.Cliffrose Letter Vol.48 あけましておめでとうございます
60Cliffrose Letter Vol.50 2008.Apr. 世代交代のとき?
61CliffroseLetter Vol.52 29.Aug.:2008 一粒のトマトの種もし死なずば・・
62CliffroseLetter Vol.53 29.Aug.:2008 匂いの野菜
63.CliffroseLetter Vol.54 5.Oct.2008 フランス生まれのトマトその後
64.CliffroseLetterVol.55 ナイアガラとアメリカ
65.CliffroseLetterVol.56 リサイクルin Canada
66.CliffroseLetterVol.57 新年のご挨拶
67.CliffroseLetterVol.55 往く年来る年

CliffroseLetter Vol 67 日加サービス比較

  

皆様、大変ご無沙汰しております。如何お過ごしでしょうか。

ここバンクーバーはオリンピック&パラリンピックの熱気もようやく収まり

落ち着いた春を迎えようとしております。B&Bもお陰さまで、多くのオリンピック
観戦のお客様がお越し下さいました。

さて、今回はオリンピック中の多忙も一段落つき、3月半ばから日本に一時帰国の

折の話です。

大手電気店に出掛けて、電子辞書のメモリーカードを買った折、レジで、このカードは

私の電子辞書で作動するのであろうかと聞いたところ、ちょっと分からないなという

素振りをしつつも、少しお待ち下さいと言って他の店員に聞き、手元の資料で丁寧に

調べてくれたのです。その方の対応に感謝しつつ、心中ではカナダだったらどうかな〜と

考えておりました。

もしカナダであれば、専門外(担当外)のことであれば多くは「わかりません。」の一言で

おしまいです。(最近は「〜で聞いて下さい。」位は言うところも増えましたが。)日本の方は

これを目の当たりにして、カナダの接客は雑だ、お客様の目線に立っていないと不平をいう

方もおられます。

確かにわからないことをわからないというのは間違ってはいないのですが、日本的に

言えば、もうちょっと丁寧に接して欲しい、空気読んで欲しいと言うのが正直な所でしょう。

唯ここで、文化の差なのでしょうか、人類皆平等と言いますか(笑

カナダではお客様と対等に接するのが流儀?のような部分があり、必要以上に敬語は

使わない、YES/NOをはっきりいうというのは彼らの流儀に従えば正しいということになる

でしょうか。

日本にはやはりお客様を尊重するという考え方が根底にありますから、それなりの

言葉遣い、空気を読むことは言わば当然のこととして要求されますね。

ただ、それも行き過ぎると、理不尽な客の要求にもストレスを溜めながら我慢して対応する

ことにもなり、過労死の原因にもなり兼ねません。

いずれのあり方も一長一短があり、両方を足して2で割ればいいのに等と考えたりもします。

そういうものを実体験を通して考えられるのも、また海外旅行の良い所の一つなのかも知れません。



注) このレターはクリフローズ亭または柳谷千恵子及び将城にメールを下さいました方、全てに

お送りしております。配信停止をご希望の方は、その旨ご連絡ください。

"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
Masaki Yanagitani 柳谷 将城
CHI Enterprises Ltd. 代表 

自宅: 0041-1-604-945-5945

email: myanagi@shaw.ca
URL: http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm
http://www.cyanagitani.com
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""