LETTER
ARTSTUDIO YOKOHAMA B&BCLIFFROSE QUESTS MYHOUSEINJAPAN
1、旅立ちの日
2、蜂鳥
3、クリフローズ通信をお届けします
4、ヘンケルの牛刀
5、新春笑い話をお届けしましょう
6、出版のごあいさつ
7、I got landed immigrant status
8、小さな総括
9、裏の庭でつくしを見つけました
10、April 4 '00: イリーナの話
11、July '00: Vancouver便り
12、Oct. 29 '00: 酔歌祭のこと
13、Nov. 26 '00: 藤村の根無し草四つの巻の序
14、Sep.16 '00: I got new boyfriend.
15、Mar. 15 '01: 素晴らしい春の始まり
16、Oct. 11 '01: 酔歌祭
17、アドレス変更のお願い
18、Dec. 22 '01: 酔歌祭の御礼
19、Jan. '02: A Happy New Year to Everybody.
20、Mar. 20 '02: 息子たちへ
21、今旅立とうとしている母へ
22、「すばるのかなた」ご出版に寄せて
23、柳谷千恵子油彩小品展のお知らせ
24、柳谷千恵子油彩小品展の御礼
25、Cliffrose Letter Jan. 1.2003 :あけましておめでとうございます
26 Cliffrose Letter March 13 2003 停電 in Canada
27 Cliffrose Letter Nov.19.'03 息子の来加
28、Cliffrose Letter Dec.28 '03 眠れない夜は・・・。
29Cliffrose Letter Oct.6.2004 食い物の話
30..Cliffrose Letter Oct.25 2004  個展のご案内
31.Cliffrose Letter Dec.30. 2004 昨日はどこにもありません。
32.独り女の独り言
33.死生観
34.数々の出会い
35.Feel Guilty
36.旅立つ親友太田則子へ送る言葉
37.映画の話
38.狭い地球
39.英語でのコミュニケーション 将城
40.モーツアルトとサリエリとChieko
41.商売と信頼関係 将城
42.VOL.36 Cliffrose Letter Dec.30.'05 平穏・平凡・平和
43.Cliffrose Letter vol. 37 - 年賀状とクリスマスカード

44.Mr.Revenko& Mr.Ohyama  

45.Cliffrose Letter vol. 38 ‐ 謙譲の美徳と外国人
46.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 春のお知らせ
47.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 花のお知らせ
48.Vol40 Cliffrose Letter Apr.22.'06 イゴール氏と大山氏
49.Mr.Ohyama's Mail
50.Vol.41on Jun 25, 2006 - 住みやすいのはドッチ?日本vsカナダ
51.Vol.42 「崖の薔薇」と町名変更訴訟雑感
52.Vol.43  クリスマスって何の日?
53.Vol.44  Cosmopolitan  コスモポリタン
54.Vol.45 遅い夏の訪れ
55.Vol.46 バンクーバー外食事情
56.Vol.47大根おろしと「ちりとてちん」
57.Vol.48 あけましておめでとうございます
58.Vol.49カナダ人の日本語理解度
.59.Cliffrose Letter Vol.48 あけましておめでとうございます
60.Cliffrose Letter Vol.50 2008.Apr. 世代交代のとき?
61.CliffroseLetter Vol.52 29.Aug.:2008 一粒のトマトの種もし死なずば・・
62.CliffroseLetter Vol.53 29.Aug.:2008 匂いの野菜
63.CliffroseLetter Vol.54 5.Oct.2008 フランス生まれのトマトその後
64.CliffroseLetterVol.55 ナイアガラとアメリカ
65.CliffroseLetterVol.56 リサイクルin Canada
66.CliffroseLetterVol.57 新年のご挨拶
67.CliffroseLetterVol.58 往く年来る年
68.Cliffrose Letter Vol.60 柚子の栽培とおからの話
69.Cliffrose Letter Vol.61 チビた鉛筆と蕗の薹 
70.Cliffrose Letter Vol.62カナダ産の新生姜 
71.CliffroseLetter.Vol.63 夫のいます山・Mt.Baker
72.CliffroseLetter.Vol.64 秋から冬へのカナダの風物詩
73. Cliffrose Letter vol. 65 年末のご挨拶 デフレ雑感
79.CliffroseLetter Vol 66. 今年得たもの無くしたもの  
80.CliffroseLetter Vol 67 日加サービス比較
81.Cliffrose Letter Vol .68  Cliffroseはひきこもり
 
   、
  

蜂鳥

CliffroseLetter 1998_2009
蜂鳥を御存知でしょうか? 今日、ぼんやり窓から外を見ていたら、

大型の蜂のような小鳥が忙しく羽根を動かしてホクシャの蜜を吸っているの

を見ました。ハミングバード、蜂鳥です。絵物語では知っていましたが、

実在するとは思っていませんでした。 外にも名も知れぬ小鳥たちが、

この地では特別広いとも言えないバックヤードを訪れて来ます。

  又、リスが忙しく餌集めをしているのを見ていると、私の上に起こった、

この半年あまりの激変が、まるで嘘のような気分なのです。

 この地に来て、まだ数週間に過ぎないのですが・・・英語もろくろ喋れない

癖に、すっかりカナディアンライフに浸りきっています。

 我が家の隣は右香港チャイニーズ、左隣はイーストインディアン、真裏と

真正面はカナディアン、斜め後ろは日本語の話せる台湾チャイニーズと来ては、

一体、人種ってなんだ、言語ってなんだ、国家って何だと思わずにはいられません。

毎日エアロビクスのごとく私の太めのボディ言語を駆使、なんとかやっています。

 夫の急な旅立ちと私のカナダ行きなど、みなさまには本当にご迷惑をおかけ

いたしました。すでに朝日新聞東京本社より出版予定の原稿にも書きましたが、

カナダ移住については、夫の命の短い限りを宣告されてすぐに、思い定めて

おりました。

 しおらしく、従順な、夫に去られし喪に服す女をお望みの方々には、理解の

他だと思いますが、あえてそしりを免れるつもりもなく、長く共連れであった夫との

40年の歳月は、私の人生にとっての貴重な第一話だと、おわかりいただける方

にのみ理解していただければと思ってます。

 そして、第二話は、もう始まっています。設定はこうです。小うるさい夫は、

日本にいます。妻は彼の稼いだ金を遣い放題です。毎日、窓から小鳥やリスを眺め、

狭い日本の庭では出来なかったガーデニングに励んでいます。 

 そして、日本でなんのためだかわからぬまま、ため続けたビデオ映画を見た

おしています。「ごめんね、貴方」と小声でつぶやきながら。

しかし、いずれ第二話にも、遠からず終わりはくるでしょう。

 その時、息子達から、何も出来ずに逝った哀れな母親だったといわれるのではなく、

したい放題して、やっと逝ったかと思われる人生の終末を迎えられるよう、命を紡いで

いくつもりです。

 出発間際の皆様からの、様々の手厚いお志、心より感謝いたしております。

ありがとうございました。   
 
なお、別紙の通り、安いフィーでゴルフをしたい方、お金がなくて暇のある方、

お金があっても日本型突っ走りパック旅行には向かない方、絵を描きたい方、

詩作にふけりたい方、マスコミ、税務署、警察などから追われている方、はたまた、

失った恋の行方をじっくり探したい方、悲しみに足をすくわれそうなあぶない方々を

受け入れさせていただいています。キャパシティは8名まで。ご馳走しますぞ。

 非力ながら私めの破れかぶれ人生論と、このカナダの素晴らしい自然が、

皆さまの新しい時への再生の触媒となれたら嬉しいのですが・・・。

 まずは乱文ながら御礼まで。皆さまのお幸せを願いつつ。

柳谷 Chieko