LETTER
ARTSTUDIO YOKOHAMA B&BCLIFFROSE QUESTS MYHOUSEINJAPAN

1、旅立ちの日
2、蜂鳥
3、クリフローズ通信をお届けします
4、ヘンケルの牛刀
5、新春笑い話をお届けしましょう
6、出版のごあいさつ
7、I got landed immigrant status
8、小さな総括
9、裏の庭でつくしを見つけました
10、April 4 '00: イリーナの話
11、July '00: Vancouver便り
12、Oct. 29 '00: 酔歌祭のこと
13、Nov. 26 '00: 藤村の根無し草四つの巻の序
14、Sep.16 '00: I got new boyfriend.
15、Mar. 15 '01: 素晴らしい春の始まり
16、Oct. 11 '01: 酔歌祭
17、アドレス変更のお願い
18、Dec. 22 '01: 酔歌祭の御礼
19、Jan. '02: A Happy New Year to Everybody.
20、Mar. 20 '02: 息子たちへ
21、今旅立とうとしている母へ
22、「すばるのかなた」ご出版に寄せて
23、柳谷千恵子油彩小品展のお知らせ
24、柳谷千恵子油彩小品展の御礼
25、Cliffrose Letter Jan. 1.2003 :あけましておめでとうございます
26 Cliffrose Letter March 13 2003 停電 in Canada
27 Cliffrose Letter Nov.19.'03 息子の来加
28、Cliffrose Letter Dec.28 '03 眠れない夜は・・・。
29Cliffrose Letter Oct.6.2004 食い物の話
30..Cliffrose Letter Oct.25 2004  個展のご案内
31.Cliffrose Letter Dec.30. 2004 昨日はどこにもありません。
32.独り女の独り言
33.死生観
34.数々の出会い
35.Feel Guilty
36.旅立つ親友太田則子へ送る言葉
37.映画の話
38.狭い地球
39.英語でのコミュニケーション 将城
40.モーツアルトとサリエリとChieko
41.商売と信頼関係 将城
42.VOL.36 Cliffrose Letter Dec.30.'05 平穏・平凡・平和
43.Cliffrose Letter vol. 37 - 年賀状とクリスマスカード

44.Mr.Revenko& Mr.Ohyama  

45.Cliffrose Letter vol. 38 ‐ 謙譲の美徳と外国人
46.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 春のお知らせ
47.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 花のお知らせ
48.Vol40 Cliffrose Letter Apr.22.'06 イゴール氏と大山氏
49.Mr.Ohyama's Mail
50.Vol.41on Jun 25, 2006 - 住みやすいのはドッチ?日本vsカナダ
51.Vol.42 「崖の薔薇」と町名変更訴訟雑感
52.Vol.43  クリスマスって何の日?
53.Vol.44  Cosmopolitan  コスモポリタン
54.Vol.45 遅い夏の訪れ
55.Vol.46 バンクーバー外食事情
56.Vol.47大根おろしと「ちりとてちん」
57.Vol.48 あけましておめでとうございます
58.Vol.49カナダ人の日本語理解度
.59.Cliffrose Letter Vol.48 あけましておめでとうございます
60.Cliffrose Letter Vol.50 2008.Apr. 世代交代のとき?
61.CliffroseLetter Vol.52 29.Aug.:2008 一粒のトマトの種もし死なずば・・
62.CliffroseLetter Vol.53 29.Aug.:2008 匂いの野菜
63.CliffroseLetter Vol.54 5.Oct.2008 フランス生まれのトマトその後
64.CliffroseLetterVol.55 ナイアガラとアメリカ
65.CliffroseLetterVol.56 リサイクルin Canada
66.CliffroseLetterVol.57 新年のご挨拶
67.CliffroseLetterVol.58 往く年来る年
68.Cliffrose Letter Vol.60 柚子の栽培とおからの話
69.Cliffrose Letter Vol.61 チビた鉛筆と蕗の薹 
70.Cliffrose Letter Vol.62カナダ産の新生姜 
71.CliffroseLetter.Vol.63 夫のいます山・Mt.Baker
72.CliffroseLetter.Vol.64 秋から冬へのカナダの風物詩
73. Cliffrose Letter vol. 65 年末のご挨拶 デフレ雑感
79.CliffroseLetter Vol 66. 今年得たもの無くしたもの  
80.CliffroseLetter Vol 67 日加サービス比較
81.Cliffrose Letter Vol .68  Cliffroseはひきこもり

2000年3月22日 8:11
CliffroseLetter 1998_2009

 


うらの庭でつくしをみつけました。

すでにクレマチスがかわいい花びらを開きはじめ、街路樹の桜が薄紅色

の霞をかけたようになっています。玄関の植え込みの馬酔木はたわわ

に鐘型の花をつけ、西洋シャクナゲのつぼみも大きく膨らんできました。

今にバンクーバーは花の海に沈みます。


 去年の十一月から、新永住権者ためのESLに週五日のペースで通い

始めましたが、未だ英会話が上達したようには思えません。日本語と

油絵の私の生徒たちとも片言の英語で何とか、切り抜けている次第で

す。単語を羅列するだけでも、分かり合える、それがカナダです。


 パソコンを三台持ちました。すっかり、インターネットシンドロームです。

パソコンがなければライフラインを切断されたような気になることでしょう

日本を捨てたつもりでも、どうしようもなく片足が日本からはなれられな

いようです。毎日メールやチャット、インターネットサーフィンにあけくれて

います。


ESLでは、キューバ、パキスタン、コソボ、イラン、ルーマニア、ロシア、

韓国、台湾、日本【これはもちろん私だけですが】、の人たちとともに

学んでいます。国の名前を聞いただけで、事情がはかりしれそうですが

、ルーマニアからきたビアニスとのヘレナは、私にバイエルの教則本は

無いかと聞くのです。私言いました。

 「あなたはピアニストなのにどうして、国をでるとき楽譜をもってこなかっ

たの」

 そしたら彼女はこういうのです。私たちは八年前、たった二つっきりの

スーツケースだけで、国をすてたのだと・・・。私は、彼女にショパンの

ノクターンの楽譜を貸してあげたのでした。ヘレナの夫も同級生でしたが

彼はルーマニアでコンストラクションの会社のオーナーだったらしいの

です。私はチャウセスク夫婦の死に顔と、ダイヤが埋め込まれた夫人の

靴、パレスのような彼らの建設途中のビッグハウスの写真をオーバー

ラップさせてしまいました。

 もう一人、イリーナは、ロシアからの移民です。彼女はサハリンに

すんでいたそうです。樺太ですよね。驚いたのは次の彼女の言葉です。

私を日本人だと知って彼女は近づいてきました。何故かふりかけが

好きだというのです。

「あなたは星野道夫を知っているか。有名な写真家でバイオロジストだ

と思うが」「えっ」と私思いました。

「シロクマにくわれちゃった?」まさかと思いました。

どういうことかと、私はイリーナの顔を見つめました

。 「夫はインスティテュートのバイオロジストだけれど、ずーっと星野と

行動を共にしていたのよ」と。

「星野を食ったシロクマを射殺したのは、夫イゴール・レベアンコです」と。
私は星野とイゴールが、オーロラの下で、炊きたてのご飯にふりかけを

かけて食したに違いないことを確信しました。

 ・・・・・・。絶句です。歴史やニュースが皮膚で感じられるところに私は

いるのです。私が即座に彼らをディナーに招待したのは、もちろんのこと

です。下手な英語で何とか彼らの話を直に聞き取りたいという、物書き

の端くれである私の欲望はどうしようも無いのです。

 さて、この続きはまたの時に。千恵子さんはなんとか、食いつないで、

死なずに生きています。生きている限り、死んだようには生きないつもり

です。夫の急逝は、私に様々なことを教えました。健康に恵まれて、

お幸せな方々は、類推しようもないことを・・・・。



柳谷千恵子拝


     ********************************************************
    Love from Chieko Yanagitani in Greater Vancouver
     E-Mail cyanagitani@shaw.ca
     MSN  cyanagitani@hotmail.com