1、旅立ちの日
2、蜂鳥
3、クリフローズ通信をお届けします
4、ヘンケルの牛刀
5、新春笑い話をお届けしましょう
6、出版のごあいさつ
7、I got landed immigrant status
8、小さな総括
9、裏の庭でつくしを見つけました
10、April 4 '00: イリーナの話
11、July '00: Vancouver便り
12、Oct. 29 '00: 酔歌祭のこと
13、Nov. 26 '00: 藤村の根無し草四つの巻の序
14、Sep.16 '00: I got new boyfriend.
15、Mar. 15 '01: 素晴らしい春の始まり
16、Oct. 11 '01: 酔歌祭
17、アドレス変更のお願い
18、Dec. 22 '01: 酔歌祭の御礼
19、Jan. '02: A Happy New Year to Everybody.
20、Mar. 20 '02: 息子たちへ
21、今旅立とうとしている母へ
22、「すばるのかなた」ご出版に寄せて
23、柳谷千恵子油彩小品展のお知らせ
24、柳谷千恵子油彩小品展の御礼
25、Cliffrose Letter Jan. 1.2003 :あけましておめでとうございます
26 Cliffrose Letter March 13 2003 停電 in Canada
27 Cliffrose Letter Nov.19.'03 息子の来加
28、Cliffrose Letter Dec.28 '03 眠れない夜は・・・。
29Cliffrose Letter Oct.6.2004 食い物の話
30..Cliffrose Letter Oct.25 2004  個展のご案内
31.Cliffrose Letter Dec.30. 2004 昨日はどこにもありません。
32.独り女の独り言
33.死生観
34.数々の出会い
35.Feel Guilty
36.旅立つ親友太田則子へ送る言葉
37.映画の話
38.狭い地球
39.英語でのコミュニケーション 将城
40.モーツアルトとサリエリとChieko
41.商売と信頼関係 将城
42.VOL.36 Cliffrose Letter Dec.30.'05 平穏・平凡・平和
43.Cliffrose Letter vol. 37 - 年賀状とクリスマスカード

44.Mr.Revenko& Mr.Ohyama  

45.Cliffrose Letter vol. 38 ‐ 謙譲の美徳と外国人
46.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 春のお知らせ
47.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 花のお知らせ
48.Vol40 Cliffrose Letter Apr.22.'06 イゴール氏と大山氏
49.Mr.Ohyama's Mail
50.Vol.41on Jun 25, 2006 - 住みやすいのはドッチ?日本vsカナダ
51.Vol.42 「崖の薔薇」と町名変更訴訟雑感
52.Vol.43  クリスマスって何の日?
53.Vol.44  Cosmopolitan  コスモポリタン
54.Vol.45 遅い夏の訪れ
55.Vol.46 バンクーバー外食事情
56.Vol.47大根おろしと「ちりとてちん」
57.Vol.48 あけましておめでとうございます
58.Vol.49カナダ人の日本語理解度
.59.Cliffrose Letter Vol.48 あけましておめでとうございます
60.Cliffrose Letter Vol.50 2008.Apr. 世代交代のとき?
61.CliffroseLetter Vol.52 29.Aug.:2008 一粒のトマトの種もし死なずば・・
62.CliffroseLetter Vol.53 29.Aug.:2008 匂いの野菜
63.CliffroseLetter Vol.54 5.Oct.2008 フランス生まれのトマトその後
64.CliffroseLetterVol.55 ナイアガラとアメリカ
65.CliffroseLetterVol.56 リサイクルin Canada
66.CliffroseLetterVol.57 新年のご挨拶
67.CliffroseLetterVol.58 往く年来る年
68.Cliffrose Letter Vol.60 柚子の栽培とおからの話
69.Cliffrose Letter Vol.61 チビた鉛筆と蕗の薹 
70.Cliffrose Letter Vol.62カナダ産の新生姜 
71.CliffroseLetter.Vol.63 夫のいます山・Mt.Baker
72.CliffroseLetter.Vol.64 秋から冬へのカナダの風物詩
73. Cliffrose Letter vol. 65 年末のご挨拶 デフレ雑感
79.CliffroseLetter Vol 66. 今年得たもの無くしたもの  
80.CliffroseLetter Vol 67 日加サービス比較
81.Cliffrose Letter Vol .68  Cliffroseはひきこもり




I

  


LETTER
ARTSTUDIO YOKOHAMA B&BCLIFFROSE QUESTS MYHOUSEINJAPAN

 ごめんなさい。あなたの旅立ちの日に立ち会えないわたしを許してください。

そして、
あなたからはるか離れて、新しい人生を作り出そうとしているあなたの

娘をおまもりください。


 一年と九ヶ月と十四日まえ、わたしは夫の旅立ちを見送りました。それは

まことにあわただしく、較べようもないほどつらいもの
でした。あの辛さの中で、

わたしはいろいろ学びました。辛さにたえられない自分も悟りました。

 信じられないほどのダメージを受けたまま、わたしは死をすら考えました。

わたしの生きるすべは閉ざされていたのでした。わたしは、逃げました。

カナダに逃げました。日本でのわたしの生きるすべはみつかりませんでした。

私の恢復する方法は他にはなかったのです。


 あれから、大変でした。言葉にすれば空疎なほど、わたしは働きました。

一段落して、わたしはあなたに今報告することができます。この国に本当に

来て良かったと。


 一度あなたにもこの素晴らしい国をみせてあげたかった。夫が旅立つまで、

わたしはずいぶんあなたの元へ通いました。その折、あなたのよく言っていた

言葉を思い出します。それはとても悲しい言葉でした。 

「お母ちゃんの一生に楽しいことは何もなかった」いうものでした。

「おまえがうらやましい」ともいっていましたよね。あなたの才気ある人生が

閉じ込められていたことを、それを聞いたわたしは辛い思いで聞いたもの

でした。 だから、お前は思うまま生きよとあなたは
言っているようでした。

 たしかに、井上家に嫁して、わたしが知っているだけでもどれほどの不幸が

あなたを見舞ったことか・・・。わたしも共有した数々の悲しみを思い出すことが

できます。戦後のどさくさから、貧窮、父の死、兄の死。その上、難しい仕事の

ことなど・・・、あなたは十分不幸せでありました。でも、あなたはめげなかった。

雄雄しくたたかったのです。十分に頑張ったのです。わたしはあなたの人生に

喝采をおくります。あなたは、やっぱり偉大だったと。


 わたしたち子供も、大してあなたに幸せな思いをさせることはできませんでした。 

わたしたちは、要求水準の高いあなたの望みを十分にかなえることは

できなかったと思います。

 しかし、わたしはあなたから大きなものを学び取りました。Independence独立・

自立ということです。あなたは最後まで自立していました。これはあなたの年代の

人々にはとても難しいことです。でも、あなたはさりげなくそれを押し通してきました。

 頼る夫のいなくなった今、わたしはそのつらさをいたいほど知りました。今

からこそあなたの教えに従い、この大きな地球の上を自由に生きていきたい

と思っています。どうか見守っていてください。


 わたしを生んでくれてありがとう。育ててくれてありがとう。あなたの勇気気力、

頑張りをわたしは忘れないで生きていきます。


  あなたの人生に、あなたの人生の新しい旅立ちに喝采を送ります。
  
 おかあちゃんありがとう!
 
  終わりに、母の最後まで看取ってくださった水野さんに心よりお礼申し上げます。

本当に長い間ありがとうございました。
 

                  貴女の千恵子

2967 Cliffrose Crescent Coquitlam B.C.Canada V3E 2T2
 
                              Chieko Yanagitani
 
*****************************************  
 Love from Chieko Yanagitani in Greater Vancouver                        
cyanagitani@telus.net
 ******************************************

今旅立とうとしている母へ






 

CliffroseLetter 1998_2009