当然事   高村光太郎

 あたりまへな事だから

 あたりまへの事をするのだ。

 空を見るとせいせいするから

 崖へ出て空を見るのだ。

 太陽を見るとうれしくなるから

 盥のようなまっかな日輪を林中にみるのだ。

 山へ行くと清潔になるから

 山や谷の木魂と口をきくのだ。

 海へ出ると永遠をまのあたりに見るから

 船の上で巨大な星座に驚くのだ。

 河のながれは悠々としているから

 岸辺に立っていつまでも見ているのだ。

 雷はとほうもない脅迫だから

 雷が鳴ると小さくなるのだ。

 嵐がはれるといい匂いだから

 雫を浴びて青葉の下を逍遥するのだ。

 鳥が鳴くのはおのれ以上のおのれの声のようだから

 桜の枝の頬白の高鳴きにきき惚れるのだ。

 死んだ母が恋しいから

 母のまぼろしを真昼の街にもよろこぶのだ。

 女は花よりも温暖だから

 どんな女にも心を開いて傾倒するのだ。

 人間のからだはさんぜんとして魂を奪うから

 裸という裸をむさぼって惑溺するのだ。

 人を殺めるのがいやだから

 人殺しに手をかさないのだ。

 わたくし事はけちくさいから

 一生を棒にふって道に向かうのだ。

 みんなと合図をしたいから

 手をあげるのだ。

 五臓六腑のどさくさとあこがれとが訴えたいから

 中身だけつまんで出せる詩を書くのだ。

 詩が生きた言葉を求めるから

 文ある借衣を敬遠するのだ。

 愛はぢみな情熱だから

 ただ空気のやうに身に満てよと思ふのだ。

 正しさ、美しさに引かれるから

 磁石の針にも化身するのだ。

 あたりまへな事だから

 平気でやる事をやろうとするのだ。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  VOL.36 Cliffrose Letter Dec..31.'05 平穏・平凡・平和



 移住して八年。2005年も間もなく暮れようとしています。

今年は春に大切な友を亡くし、辛い思いをいたしました。

またしかし、たくさんの新しい出会いもあり、楽しい年でもありました。

皆様にはいかがでしたでしょうか。


 年の瀬にあたり、いつもながらの 駄文をお送りいたします。


 私の実家はいまは材木屋ですが、もとは棕櫚問屋でした。父母は

よくいう、ぼんぼんとお嬢でして、江戸の頃から続いた商売は、浮沈が

激しく、私の幼い頃は全くひどいものでした。勿論、時代や経済の変動

などもあったでしょうが、それにしても、よほどの商売べただったのでしょう。

 借金取りに断りを言わされたり、借金取りに行かされたり、畑で収穫

した豌豆や大根、サツマイモ、鶏の卵を、隣近所に売りに行かされ

たりと、それが私の幼少期の思い出です。近所でも比べ物にならない

大きな家に住んでいましたから、プライドを捨てきれないぼんぼんやお嬢


には出来ないことだったのでしょう。


 私なら、子供にそんなことをさせずに自分ですると思うのですが、

この歳に なると、幼子を使わざるを得なかった父母の意地、悔しさ、

悲しさが少しはわかるようになりました。



 勿論悪いときばかりではなく、蝶よ花よとお手伝いさんつきの時も

少しはありました。踊りもピアノも、大学も出してはもらえました。まあ、

その落差がひどかったということでしょうか。



 商売には、高い山と同じ深さの谷があることを、私は幼女の頃から

身をもって知っていたのです。ともかく、私の幼少期は、戦後のことも

ありましたが、悲惨なものでした。悲惨は少し大仰でしょうか。しかし、

屈辱にまみれた数々の思い出はなかなか拭い去れないものですね。



 人生に無駄なものはないとか。私も学びました。それは、親の

轍は決して踏まないというものでした。


 以来私の人生哲学は「平穏・平凡・平和」です。単純なものです。

幼女の頃から自らを脅かすものに、勘が鋭くなっています。我が

人生哲学を脅かす危ないものが、透けて見えてしまいます。



 しかし、勿論アーティストとして大成しない大きな理由が、この

平凡という、金太郎飴的発想が原因にあることは、自覚もしてい

ます。冒険は楽しいし、危険をはらんでいるものは胸躍らせ、スト

ーリー性もあって、美しい。



 私の絵も小説も、私の人生哲学から一歩もはみ出していないこ

とを私は知っています。そしていまの私のカナダでの生活ですら・・・・・。

 要するに私は丸ごと平凡な女なのです。いまさら言うまでもありま

せんが。だからこそ、私を脅かすものから身を守るすべを、本能的に

会得しているようなのです。



 夫が旅立って八年、なんとか幸せに生かされているのは、我が

人生訓に抗わなかったせいかとも思われます。これからも、たとえ

足をすくわれそうになったとしても、それをうまくかわしながら生き抜

いて行きたいと希望しているのですが。はてさて・・・。



 皆様に取りましても、来る新年も、あたりまへの「平穏・平凡・平和」で

ありますように・・・。信じてもいない神に祈ることにいたしましょう。

 柳谷Chieko 拝

 
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
Love from Chieko Yanagitani in Greater Vancouver
E-Mail cyanagitani@telus.net
MSN cyanagitani@hotmail.com
URL http://www.cyanagitani.com
URL http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm

SKYPE yanagitani
 
 


Yanagitani Chieko
cyanagitani@hotmail.com
宛先

件名を入れてください





































 
  

 
 

 

 

1、旅立ちの日
2、蜂鳥
3、クリフローズ通信をお届けします
4、ヘンケルの牛刀
5、新春笑い話をお届けしましょう
6、出版のごあいさつ
7、I got landed immigrant status
8、小さな総括
9、裏の庭でつくしを見つけました
10、April 4 '00: イリーナの話
11、July '00: Vancouver便り
12、Oct. 29 '00: 酔歌祭のこと
13、Nov. 26 '00: 藤村の根無し草四つの巻の序
14、Sep.16 '00: I got new boyfriend.
15、Mar. 15 '01: 素晴らしい春の始まり
16、Oct. 11 '01: 酔歌祭
17、アドレス変更のお願い
18、Dec. 22 '01: 酔歌祭の御礼
19、Jan. '02: A Happy New Year to Everybody.
20、Mar. 20 '02: 息子たちへ
21、今旅立とうとしている母へ
22、「すばるのかなた」ご出版に寄せて
 23、平穏、平凡、平和
24、柳谷千恵子油彩小品展のお知らせ
25、柳谷千恵子油彩小品展の御礼
26、Cliffrose Letter Jan. 1.2003 :あけましておめでとうございます
27 Cliffrose Letter March 13 2003 停電 in Canada
28 Cliffrose Letter Nov.19.'03 息子の来加
29、Cliffrose Letter Dec.28 '03 眠れない夜は・・・。
30、Cliffrose Letter Oct.6.2004 食い物の話
31..Cliffrose Letter Oct.25 2004  個展のご案内
32.Cliffrose Letter Dec.30. 2004 昨日はどこにもありません。
33.独り女の独り言
34、.死生観
35.数々の出会い
36.Feel Guilty
37.旅立つ親友太田則子へ送る言葉
38.映画の話
39.狭い地球
40.英語でのコミュニケーション 将城
41.モーツアルトとサリエリとChieko
42.商売と信頼関係 将城
43.VOL.36 Cliffrose Letter Dec.30.'05 平穏・平凡・平和
44.Cliffrose Letter vol. 37 - 年賀状とクリスマスカード
45.Mr.Revenko& Mr.Ohyama  
46.Cliffrose Letter vol. 38 ‐ 謙譲の美徳と外国人
47.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 春のお知らせ
48.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 花のお知らせ
49.Vol40 Cliffrose Letter Apr.22.'06 イゴール氏と大山氏
50.Mr.Ohyama's Mail
51.Vol.41on Jun 25, 2006 - 住みやすいのはドッチ?日本vsカナダ
52.Vol.42 「崖の薔薇」と町名変更訴訟雑感
53.Vol.43  クリスマスって何の日?
54.Vol.44  Cosmopolitan  コスモポリタン
55.Vol.45 遅い夏の訪れ
56.Vol.46 バンクーバー外食事情
57.Vol.47大根おろしと「ちりとてちん」
58.Vol.48 あけましておめでとうございます
59.Vol.49カナダ人の日本語理解度
60.Cliffrose Letter Vol.48 あけましておめでとうございます
61.Cliffrose Letter Vol.50 2008.Apr. 世代交代のとき?
62.CliffroseLetter Vol.52 29.Aug.:2008 一粒のトマトの種もし死なずば・・
63.CliffroseLetter Vol.53 29.Aug.:2008 匂いの野菜
64.CliffroseLetter Vol.54 5.Oct.2008 フランス生まれのトマトその後
65.CliffroseLetterVol.55 ナイアガラとアメリカ
66.CliffroseLetterVol.56 リサイクルin Canada
67.CliffroseLetterVol.57 新年のご挨拶
68.CliffroseLetterVol.58 往く年来る年
69.Cliffrose Letter Vol.60 柚子の栽培とおからの話
70.Cliffrose Letter Vol.61 チビた鉛筆と蕗の薹 
71.Cliffrose Letter Vol.62カナダ産の新生姜 
72.CliffroseLetter.Vol.63 夫のいます山・Mt.Baker
73.CliffroseLetter.Vol.64 秋から冬へのカナダの風物詩
74. Cliffrose Letter vol. 65 年末のご挨拶 デフレ雑感
 75
 76
 77
 78
79.CliffroseLetter Vol 66. 今年得たもの無くしたもの  
 
 
80.CliffroseLetter Vol 67 日加サービス比較
81.Cliffrose Letter Vol .68  Cliffroseはひきこもり

 

























  

 



VOL.36 Cliffrose Letter Dec.30.'05 平穏・平凡・平和 ?




  


LETTER
ARTSTUDIO YOKOHAMA B&BCLIFFROSE QUESTS MYHOUSEINJAPAN









I

 

CliffroseLetter 1998_2009