index
1、旅立ちの日
2、蜂鳥
3、クリフローズ通信をお届けします
4、ヘンケルの牛刀
5、新春笑い話をお届けしましょう
6、出版のごあいさつ
7、I got landed immigrant status
8、小さな総括08soukatsu.htm へのリンク
9、裏の庭でつくしを見つけました
10、April 4 '00: イリーナの話
11、July '00: Vancouver便り
12、Oct. 29 '00: 酔歌祭のこと
13、Nov. 26 '00: 藤村の根無し草四つの巻の序
14、Sep.16 '00: I got new boyfriend.
15、Mar. 15 '01: 素晴らしい春の始まり
16、Oct. 11 '01: 酔歌祭
17、アドレス変更のお願い
18、Dec. 22 '01: 酔歌祭の御礼
19、Jan. '02: A Happy New Year to Everybody.
20、Mar. 20 '02: 息子たちへ
21、今旅立とうとしている母へ
 22「すばるのかなた」ご出版によせて
23、柳谷千恵子油彩小品展のお知らせ
24、柳谷千恵子油彩小品展の御礼
26 Cliffrose Letter March 13 2003 停電 in Canada
27 Cliffrose Letter Nov.19.'03 息子の来加
28、Cliffrose Letter Dec.28 '03 眠れない夜は・・・。
29、Cliffrose Letter Oct.6.2004 食い物の話
30..Cliffrose Letter Oct.25 2004  個展のご案内
31.Cliffrose Letter Dec.30. 2004 昨日はどこにもありません。
32.独り女の独り言
33、.死生観
34.数々の出会い
35.Feel Guilty
36.旅立つ親友太田則子へ送る言葉
37.映画の話
38.狭い地球
39.英語でのコミュニケーション 将城
40.モーツアルトとサリエリとChieko
41.商売と信頼関係 将城
42.VOL.36 Cliffrose Letter Dec.30.'05 平穏・平凡・平和
43.Cliffrose Letter vol. 37 - 年賀状とクリスマスカード
44.Mr.Revenko& Mr.Ohyama  
45.Cliffrose Letter vol. 38 ‐ 謙譲の美徳と外国人
46.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 春のお知らせ
47.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 花のお知らせ
48.Vol40 Cliffrose Letter Apr.22.'06 イゴール氏と大山氏
.49Mr.Ohyama's Mail
50.Vol.41on Jun 25, 2006 - 住みやすいのはドッチ?日本vsカナダ
51.Vol.42 「崖の薔薇」と町名変更訴訟雑感
52.Vol.43  クリスマスって何の日?
53.Vol.44  Cosmopolitan  コスモポリタン
54.Vol.45 遅い夏の訪れ
55.Vol.46 バンクーバー外食事情
56.Vol.47大根おろしと「ちりとてちん」
57.Vol.48 あけましておめでとうございます
58.Vol.49カナダ人の日本語理解度
59.Cliffrose Letter Vol.48 あけましておめでとうございます
60.Cliffrose Letter Vol.50 2008.Apr. 世代交代のとき?
61.CliffroseLetter Vol.52 29.Aug.:2008 一粒のトマトの種もし死なずば・・
62.CliffroseLetter Vol.53 29.Aug.:2008 匂いの野菜
63.CliffroseLetter Vol.54 5.Oct.2008 フランス生まれのトマトその後
64.CliffroseLetterVol.55 ナイアガラとアメリカ
65.CliffroseLetterVol.56 リサイクルin Canada
66.CliffroseLetterVol.57 新年のご挨拶
67.CliffroseLetterVol.58 往く年来る年
68.Cliffrose Letter Vol.60 柚子の栽培とおからの話
69.Cliffrose Letter Vol.61 チビた鉛筆と蕗の薹 
70.Cliffrose Letter Vol.62カナダ産の新生姜 
71.CliffroseLetter.Vol.63 夫のいます山・Mt.Baker
72.CliffroseLetter.Vol.64 秋から冬へのカナダの風物詩
73. Cliffrose Letter vol. 65 年末のご挨拶 デフレ雑感
 74.CliffroseLetter Vol 66. 今年得たもの無くしたもの  
75CliffroseLetter Vol 67 日加サービス比較
76.Cliffrose Letter Vol .68  Cliffroseはひきこもり
77 Cliffrose Letter Vol .69 今年の収穫と帰化植物
78.Cliffrose Letter Vol .70 Oct.27.2010 サーモンの遡上
79.Cliffrose Letter vol. 71 ーこんなに明るくて大丈夫? 10.12
80. CliffroseLetter Vol.72 2010.12.31 思い出とへぼ将棋
81. Cliffrose Letter Vol.73 年末年始のご挨拶
82.CliffroseLetterVol.73 2011.6.30 コクリコとE-Mailアドレスの変更
83.CliffroseLetterVol.74 2011.12.31 未曾有の被害
84.CliffroseLetterVol.75 平凡な明日のために。 2011.12.31 
85.Cliffrose letter vol.76 お寿司と国際化12
86.cliffroseLettervol.77 来る年のために、楽しい話を。12
87. CliffroseLetter vol 78 「ビフォーアフター」 考
88.Cliffrose Letter Vol. 79  普通の日本人のお正月の過ごし方とは?
89 Cliffrose Letter vol. 80  「ありがとう」を言わない日本人?
90.Cliffrose Letter 81 2014 Dec.30  山頭火の自由律にたくして
91.Cliffrose Letter vol. 82 日加宅配便事情
92CliffroseLettervol84 Cliffrose Letter vol. 84 ミレニアル世代の今年の抱負とは
93.CliffroseLetter VOL85 車の話 2017.
94.Cliffrose Letter vol. 86   便利さの再考
95CliffroseLettervol.87DisableParkingParmitNumber(障碍者用の駐車証のはなし。
33.死生観
 私の死生観が変わったのは日航機が御巣鷹山に墜落して多数の

犠牲者が出た事件からである。それ以前の私には、死がとてつも

ないブラックホールのように思われて、怖くてならなかった。


 犠牲者の詳報が連日報道される日々、ある朝、驚くべき記事を

目にした。ここに資料がないので正確ではないのだが、多くの方も

読まれたに違いない。


 御巣鷹山の麓の小さな村の焼き場は、日頃ないほどの人々を

紫煙にして大空に送り出していた。ある夜、その隅に置かれていた

ドラム缶が盗難されてしまった。ドラム缶の中身は犠牲者の遺灰と

遺骨。


 何故盗難にあったか。ここからはその時の解説にあったか、

自分の調査の上か定かではないのだが、そこから、金、銀、プラチナ

などが抽出されるというのであった。盗人にとって遺灰は命ではなく

物質に過ぎないのだ。


私は目が覚めた気がした。なんだ。人間って、なんて賢いんだろう。

何トンもの土を漁って金の粉をかき集めるより、500人もの遺灰から

金を抽出する方がもっと簡単・・・。私だって二グラムほどのプラチナ

のリングをはめているではないか。


 私はなんだか笑えた。これは人間の感情をこえてしまったもの。

かさかさと乾いた、人は土塊と同じなんだと。


 実際、人間は、地球の構成員の一部に過ぎないのだった。

うまいのまずいのと言いつつ食する魚、豚、牛、野菜。それらの命を

奪い取って生を紡ぎつつけなければならない人こそ業の深いもの。

人だけが、他の命を奪ってもいいというイクスキューズは、本当は成

り立たないはず。だからこそ、 人はもっと深く「他」を想わなければ

ならないのではないか。


 話はそれてきたが、ともかくも私は、どこかで人は特別なんだと思

い上がる、それが死への謂われない恐れなのではないかと考えるよ

うになった。死は生の続きの上にあり、死はまた新しい生命への

原動力となるのではないかと私は思い至った。死は客観的なもの、

死は個人のもの。死は死者のもの。それ以来、私はいつ来るか知れ

ない死の時を恐れなくなった。そして、私は夫の死を納得したので

あった。そうだ、恐れずに、死ぬまで背一杯生きればいのだ。


我がふるさと和歌山の作家佐藤春夫にこんな詩がある。


 
 われら 土より出でたれば 土に帰る

 われら 裸にて生まれたれば 裸にて生く。

 げにもよーーー

 われら 1人にて生まれたれば 1人にて生く。

 ひとりにて生きて 

 さて、ひとりにて 死にゆく・・・・・・



 八月のある晴れた日、Mt.Bakerへ行く。夫の散骨を、その頂上にして

ある。 夫のために摘んだ裏庭に咲いたダリアとコスモスは、USボーダ

ーカスタムで 係官のチェックを受ける。たわわなダリアをばたばたと叩

いて虫があるじゃないかと怒られながらも没収は免れる。

 
 山頂は万年雪。しかし、山は快晴で、氷河や雪渓があるのに暑い。

ボルケーノの荒々しさが感じられる素晴らしいベーカー山。この山は我

が家のリビングルームから、晴れた日なら毎日見える。USAの政府に

内緒で、私はこの山をお父さんの山、散骨した十メートルにも満たない

湖に「お父さんのうみ(湖)」と名付けている。


 夫はベーカー山の土となった。私のピラミッドである。八月のある晴

れた日、長崎の原爆記念日。広島のと双方のなかなか良いNHK特集

番組をみる。


 人間はおろかなもの。未だに同じ轍、戦争を、人の殺し合いをやめる

ことが出来ない。わずかのチャンスに恵まれて得られたそれぞれの命を、

そして、 共有できたこの素晴らしい地球上での時を、どうして仲良くし

ていけないのだろう か。

哀しいことである。



  ==============================================
    Love from Chieko Yanagitani in Greater Vancouver
   E-Mail cyanagitani@telus.net
   MSN   cyanagitani@hotmail.com
   URL   http://www.cyanagitani.com
   ============================================