index
1、旅立ちの日
2、蜂鳥
3、クリフローズ通信をお届けします
4、ヘンケルの牛刀
5、新春笑い話をお届けしましょう
6、出版のごあいさつ
7、I got landed immigrant status
8、小さな総括08soukatsu.htm へのリンク
9、裏の庭でつくしを見つけました
10、April 4 '00: イリーナの話
11、July '00: Vancouver便り
12、Oct. 29 '00: 酔歌祭のこと
13、Nov. 26 '00: 藤村の根無し草四つの巻の序
14、Sep.16 '00: I got new boyfriend.
15、Mar. 15 '01: 素晴らしい春の始まり
16、Oct. 11 '01: 酔歌祭
17、アドレス変更のお願い
18、Dec. 22 '01: 酔歌祭の御礼
19、Jan. '02: A Happy New Year to Everybody.
20、Mar. 20 '02: 息子たちへ
21、今旅立とうとしている母へ
 22「すばるのかなた」ご出版によせて
23、柳谷千恵子油彩小品展のお知らせ
24、柳谷千恵子油彩小品展の御礼
26 Cliffrose Letter March 13 2003 停電 in Canada
27 Cliffrose Letter Nov.19.'03 息子の来加
28、Cliffrose Letter Dec.28 '03 眠れない夜は・・・。
29、Cliffrose Letter Oct.6.2004 食い物の話
30..Cliffrose Letter Oct.25 2004  個展のご案内
31.Cliffrose Letter Dec.30. 2004 昨日はどこにもありません。
32.独り女の独り言
33、.死生観
34.数々の出会い
35.Feel Guilty
36.旅立つ親友太田則子へ送る言葉
37.映画の話
38.狭い地球
39.英語でのコミュニケーション 将城
40.モーツアルトとサリエリとChieko
41.商売と信頼関係 将城
42.VOL.36 Cliffrose Letter Dec.30.'05 平穏・平凡・平和
43.Cliffrose Letter vol. 37 - 年賀状とクリスマスカード
44.Mr.Revenko& Mr.Ohyama  
45.Cliffrose Letter vol. 38 ‐ 謙譲の美徳と外国人
46.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 春のお知らせ
47.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 花のお知らせ
48.Vol40 Cliffrose Letter Apr.22.'06 イゴール氏と大山氏
.49Mr.Ohyama's Mail
50.Vol.41on Jun 25, 2006 - 住みやすいのはドッチ?日本vsカナダ
51.Vol.42 「崖の薔薇」と町名変更訴訟雑感
52.Vol.43  クリスマスって何の日?
53.Vol.44  Cosmopolitan  コスモポリタン
54.Vol.45 遅い夏の訪れ
55.Vol.46 バンクーバー外食事情
56.Vol.47大根おろしと「ちりとてちん」
57.Vol.48 あけましておめでとうございます
58.Vol.49カナダ人の日本語理解度
59.Cliffrose Letter Vol.48 あけましておめでとうございます
60.Cliffrose Letter Vol.50 2008.Apr. 世代交代のとき?
61.CliffroseLetter Vol.52 29.Aug.:2008 一粒のトマトの種もし死なずば・・
62.CliffroseLetter Vol.53 29.Aug.:2008 匂いの野菜
63.CliffroseLetter Vol.54 5.Oct.2008 フランス生まれのトマトその後
64.CliffroseLetterVol.55 ナイアガラとアメリカ
65.CliffroseLetterVol.56 リサイクルin Canada
66.CliffroseLetterVol.57 新年のご挨拶
67.CliffroseLetterVol.58 往く年来る年
68.Cliffrose Letter Vol.60 柚子の栽培とおからの話
69.Cliffrose Letter Vol.61 チビた鉛筆と蕗の薹 
70.Cliffrose Letter Vol.62カナダ産の新生姜 
71.CliffroseLetter.Vol.63 夫のいます山・Mt.Baker
72.CliffroseLetter.Vol.64 秋から冬へのカナダの風物詩
73. Cliffrose Letter vol. 65 年末のご挨拶 デフレ雑感
 74.CliffroseLetter Vol 66. 今年得たもの無くしたもの  
75CliffroseLetter Vol 67 日加サービス比較
76.Cliffrose Letter Vol .68  Cliffroseはひきこもり
77 Cliffrose Letter Vol .69 今年の収穫と帰化植物
78.Cliffrose Letter Vol .70 Oct.27.2010 サーモンの遡上
79.Cliffrose Letter vol. 71 ーこんなに明るくて大丈夫? 10.12
80. CliffroseLetter Vol.72 2010.12.31 思い出とへぼ将棋
81. Cliffrose Letter Vol.73 年末年始のご挨拶
82.CliffroseLetterVol.73 2011.6.30 コクリコとE-Mailアドレスの変更
83.CliffroseLetterVol.74 2011.12.31 未曾有の被害
84.CliffroseLetterVol.75 平凡な明日のために。 2011.12.31 
85.Cliffrose letter vol.76 お寿司と国際化12
86.cliffroseLettervol.77 来る年のために、楽しい話を。12
87. CliffroseLetter vol 78 「ビフォーアフター」 考
88.Cliffrose Letter Vol. 79  普通の日本人のお正月の過ごし方とは?
89 Cliffrose Letter vol. 80  「ありがとう」を言わない日本人?
90.Cliffrose Letter 81 2014 Dec.30  山頭火の自由律にたくして
91.Cliffrose Letter vol. 82 日加宅配便事情
92CliffroseLettervol84 Cliffrose Letter vol. 84 ミレニアル世代の今年の抱負とは
93.CliffroseLetter VOL85 車の話 2017.
94.Cliffrose Letter vol. 86   便利さの再考
95CliffroseLettervol.87DisableParkingParmitNumber(障碍者用の駐車証のはなし。
 

昔、アラブに駐在したことがあるという友人の話である。

「もし神がアラブと地獄を自分にくれたら、自分は地獄に住んでアラブを

人に貸す」 それほど彼等の宗教観、モラルが日本も含まれるデモクラシー

の文化圏とはかけ離れているとの話だった。


 そのイラクの事情が気に入らないからと言って、アメリカは大量の破壊兵

器と兵士を投入して、国中をがれきの山にしてしまった。

イラクよりもアメリカと言う国の異様さには驚かざるを得ない。よその国の

ありようが可笑しかろうが、それを改革するのはその国の構成員である

イラク国民の仕事のはずである。


地球を何回も破壊させられるほどの兵器を持っている国が、それを持って

いるかも知れないという不確定な目的だけで、ここまでよその国をめち

ゃくちゃにしてもいいものだろうか。


 今また、ブッシュが指揮するアメリカ軍が、ファルージャと言うイラクの町を

包囲し爆撃しているとのニュースが放映されている。


破壊や殺戮から平和が得られると思うブッシュの錯誤を阻止出来なかった

今回の大統領選の結果が残念でならない。


 すでに、アメリカ側の犠牲が1100人を越え、定かではないがイラクの犠

牲者が10万人にものぼるらしい。後何人、何百人、何千人犠牲を出せば

「平和」がくるのだろうか。


昔から、為政者にとつて死者の数は、ただの数に過ぎない。その一人一人

に大切な家族と歴史、輝く未来があったことなど、関係ないのだった。

 
 

前にも書いたが、どちらかと言えば経済力のある人たちの移民の国が

カナダである。理由の多くは兵役義務から子供達を解放したいと言うの

ものである。お金持ちでなくても子供を戦争にやって無駄死にさせたく

ないのはどの親も同じである。

 

 話は変わるが、1945年8月15日終戦の日私は3歳だった。和歌山に生

まれ育ったので、戦争の記憶は、丸善下津精油所が被弾して燃え上がった

時、雲と月が焼けていると思ったことと、あたりが真っ暗になっての土砂降り

くらいなものである。それは絨毯爆撃による火災の上昇気流によるものかも

しれない。


戦争自体の記憶よりも、その後長く続いた飢餓感の記憶の方が生々しいと

いえる。親が分け与える芋の大きさや一粒のキャラメルまで兄姉げんかの

元となった。子供ながら、毎日食べ物のことばかり考えていたのである。

長じて料理好きになる原点であるが、現実の悲惨さは、当時よりも幸せで

いられる今の方が、ひしひしと感じられる。


 鮭と鮪の刺身・胡麻豆腐・青菜の柚子みそ和え・お味噌汁。これは

あるレッスン日の生徒達のランチメニューである。
 

 移住後6年半、私の絵のレッスンは日本料理のランチつきである。

生徒の多くは、かつて日本が占領、統治していた国々の人たちであった。

祖父母は戦争で死に、両親は日本語がぺらぺらです、などと聞くたび、

言語まで支配した事実を私は肌で感じてしまうのである。


 多くは40代の彼等にとっても、すでに第二次世界大戦はすでに遠く、

お話の世界のはずであった。しかし、日本人の多くが忘れてしまった

戦争を、彼等はまだ克明に学習している。支配されたものの記憶は決して

消し去られてはいないようであった。


 私の日本食ランチは、実は、私の食材ならぬ第二次世界大戦での

多くの犠牲を強いた人々の子孫への贖罪の気持なのである。

もちろん少々大げさではあるが、私のFeel Guiltyを宥める方法でもあった。


 そんな話の時、ある生徒が私に「You are only small potato」といった。

そこまで考えずともいいよ、と言う心遣いである。「But small Potatoes

make country」私は答えた。私のFeelGuiltyの話を聞くと彼等は一様に

「That's history」と答えてくれる。


 しかし、それは私のキャラクターを知った上での話であって、普通、

日本人と知るとなかなかフレンドリーにはして貰えない現実を私は知っ

ている。
 



==============================================
Love from Chieko Yanagitani in Greater Vancouver
E-Mail cyanagitani@telus.net
MSN   cyanagitani@hotmail.com
URL   http://www.cyanagitani.com
B&B  http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm
35. Feel Guilty