index
1、旅立ちの日
2、蜂鳥
3、クリフローズ通信をお届けします
4、ヘンケルの牛刀
5、新春笑い話をお届けしましょう
6、出版のごあいさつ
7、I got landed immigrant status
8、小さな総括08soukatsu.htm へのリンク
9、裏の庭でつくしを見つけました
10、April 4 '00: イリーナの話
11、July '00: Vancouver便り
12、Oct. 29 '00: 酔歌祭のこと
13、Nov. 26 '00: 藤村の根無し草四つの巻の序
14、Sep.16 '00: I got new boyfriend.
15、Mar. 15 '01: 素晴らしい春の始まり
16、Oct. 11 '01: 酔歌祭
17、アドレス変更のお願い
18、Dec. 22 '01: 酔歌祭の御礼
19、Jan. '02: A Happy New Year to Everybody.
20、Mar. 20 '02: 息子たちへ
21、今旅立とうとしている母へ
 22「すばるのかなた」ご出版によせて
23、柳谷千恵子油彩小品展のお知らせ
24、柳谷千恵子油彩小品展の御礼
26 Cliffrose Letter March 13 2003 停電 in Canada
27 Cliffrose Letter Nov.19.'03 息子の来加
28、Cliffrose Letter Dec.28 '03 眠れない夜は・・・。
29、Cliffrose Letter Oct.6.2004 食い物の話
30..Cliffrose Letter Oct.25 2004  個展のご案内
31.Cliffrose Letter Dec.30. 2004 昨日はどこにもありません。
32.独り女の独り言
33、.死生観
34.数々の出会い
35.Feel Guilty
36.旅立つ親友太田則子へ送る言葉
37.映画の話
38.狭い地球
39.英語でのコミュニケーション 将城
40.モーツアルトとサリエリとChieko
41.商売と信頼関係 将城
42.VOL.36 Cliffrose Letter Dec.30.'05 平穏・平凡・平和
43.Cliffrose Letter vol. 37 - 年賀状とクリスマスカード
44.Mr.Revenko& Mr.Ohyama  
45.Cliffrose Letter vol. 38 ‐ 謙譲の美徳と外国人
46.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 春のお知らせ
47.Vol.39 Cliffrose Letter Feb.18.'06 花のお知らせ
48.Vol40 Cliffrose Letter Apr.22.'06 イゴール氏と大山氏
.49Mr.Ohyama's Mail
50.Vol.41on Jun 25, 2006 - 住みやすいのはドッチ?日本vsカナダ
51.Vol.42 「崖の薔薇」と町名変更訴訟雑感
52.Vol.43  クリスマスって何の日?
53.Vol.44  Cosmopolitan  コスモポリタン
54.Vol.45 遅い夏の訪れ
55.Vol.46 バンクーバー外食事情
56.Vol.47大根おろしと「ちりとてちん」
57.Vol.48 あけましておめでとうございます
58.Vol.49カナダ人の日本語理解度
59.Cliffrose Letter Vol.48 あけましておめでとうございます
60.Cliffrose Letter Vol.50 2008.Apr. 世代交代のとき?
61.CliffroseLetter Vol.52 29.Aug.:2008 一粒のトマトの種もし死なずば・・
62.CliffroseLetter Vol.53 29.Aug.:2008 匂いの野菜
63.CliffroseLetter Vol.54 5.Oct.2008 フランス生まれのトマトその後
64.CliffroseLetterVol.55 ナイアガラとアメリカ
65.CliffroseLetterVol.56 リサイクルin Canada
66.CliffroseLetterVol.57 新年のご挨拶
67.CliffroseLetterVol.58 往く年来る年
68.Cliffrose Letter Vol.60 柚子の栽培とおからの話
69.Cliffrose Letter Vol.61 チビた鉛筆と蕗の薹 
70.Cliffrose Letter Vol.62カナダ産の新生姜 
71.CliffroseLetter.Vol.63 夫のいます山・Mt.Baker
72.CliffroseLetter.Vol.64 秋から冬へのカナダの風物詩
73. Cliffrose Letter vol. 65 年末のご挨拶 デフレ雑感
 74.CliffroseLetter Vol 66. 今年得たもの無くしたもの  
75CliffroseLetter Vol 67 日加サービス比較
76.Cliffrose Letter Vol .68  Cliffroseはひきこもり
77 Cliffrose Letter Vol .69 今年の収穫と帰化植物
78.Cliffrose Letter Vol .70 Oct.27.2010 サーモンの遡上
79.Cliffrose Letter vol. 71 ーこんなに明るくて大丈夫? 10.12
80. CliffroseLetter Vol.72 2010.12.31 思い出とへぼ将棋
81. Cliffrose Letter Vol.73 年末年始のご挨拶
82.CliffroseLetterVol.73 2011.6.30 コクリコとE-Mailアドレスの変更
83.CliffroseLetterVol.74 2011.12.31 未曾有の被害
84.CliffroseLetterVol.75 平凡な明日のために。 2011.12.31 
85.Cliffrose letter vol.76 お寿司と国際化12
86.cliffroseLettervol.77 来る年のために、楽しい話を。12
87. CliffroseLetter vol 78 「ビフォーアフター」 考
88.Cliffrose Letter Vol. 79  普通の日本人のお正月の過ごし方とは?
89 Cliffrose Letter vol. 80  「ありがとう」を言わない日本人?
90.Cliffrose Letter 81 2014 Dec.30  山頭火の自由律にたくして
91.Cliffrose Letter vol. 82 日加宅配便事情
92CliffroseLettervol84 Cliffrose Letter vol. 84 ミレニアル世代の今年の抱負とは
93.CliffroseLetter VOL85 車の話 2017.
94.Cliffrose Letter vol. 86   便利さの再考
95CliffroseLettervol.87DisableParkingParmitNumber(障碍者用の駐車証のはなし。
51.Cliffrose Letter Vol.41 「崖の薔薇」と町名変更訴訟雑感
お久しぶりでございます。皆様にはお元気でお過ごしでしょうか。ずいぶん

ご無沙汰をしてしまいました。


今年の夏は6月頃より、わが木賃宿にも多くの来客があり、落ち着いて

お便りを差し上げる暇がございませんでした。


すでに11月、とうとう2006年も終わりも間近になってしまいました。もうすぐ

いつものようにクリスマスイルミネーションが輝きはじめます。私の好きな

冬の始まりです。


今日はわがCliffrose亭の名前の由来について書いてみます。


「Cliffrose」「崖の薔薇」。断崖にに楚々として咲くピンクの一重の野ばらを

想像していただけませんか。おしゃれな名前です。断崖絶壁は大げさですが、

この名前に出会ったとき、さまざまな事態をくぐり抜けてサバイバルしなけれ

ばならなかったChiekoの人生ににふさわしいように、思われたものです。


移住して以来、この名前はとても気に入って、mixiでのハンドルネームや

わがB&B、つたない不定期通信にまで使っている次第です。その上、薔薇に

ちなんで、カーテンやソファ、食器にいたるまで、薔薇の模様で取り揃えて

しまっているのです。


Cliffroseは我が家の前の通りの名前です。日本のように町という地域の塊

というものは有りませんので、住所表示は通りの何番という風になります。

我が家は 「2967 Cliffrose Crescent Coquitlam Canada」というわけ

です。Chiekoも入れるとみんなCで始まりますね。Cは私のラッキーシンボル

でしょうか。笑 余談ですが、通りには Street、Drive、Court、Place、

Avenue、Road、Crescentなどの名前があります。


ところで、数日前、24時間垂れ流しにしているNHKをぼんやり見ていまし

た。すると地図の研究家という人が、「視点 論点」という番組で、日本では、

かつてなくしてしまった由緒ある町名が、再び復活し始めているというでは

ありませんか。驚きました。


生前、夫は公害関係や住民運動などの訴訟をいくつも手がけていました。

その中に町名変更訴訟があったのを憶えています。


奈良の斑鳩町の一部が立田町とかわるはなしのようでした。当事者では

ないので詳しいことは知らないのですが、当時行政は、有無を言わせず

西、東、中央などと、全国の由緒ある名前を、味気ないものに変えていった

のでした。時の大きなうねりの中で、夫が手がけた住民訴訟も勿論受け

入れられるはずはなかったと思います。


わずか十数年の間に、歴史ある町名が復活してきたとは驚くよりありま

せん。かの地にいる夫はこの知らせを聞いて喜んでいるでしょうか。目先の

至便、利便さばかりに重きを置いて、愛すべき成り立ちの歴史を無視して

きた行政のわがままをなんと思っているでしょう。


森永ミルク中毒事件、予防接種事故などなど、手弁当で夫が手がけた

多くの事件と、はつらつと弱者の見方として働いてきた長い共連れを

久しぶりに思い出してしまいました。


高校の同級生であった夫婦でした。思い出の中で、夫はいつまでも若く、

私はすでに年を重ね、いまだ忙しく立ち働かなければならない人生を

過ごしています。

柳谷Chieko拝

 
 """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
Love from Chieko Yanagitani in Greater Vancouver
E-Mail cyanagitani@shaw.ca
MSN cyanagitani@hotmail.com
URL http://www.cyanagitani.com
URL http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm
SKYPE yanagitani